【第8回】テクニカル解説 – 一目均衡表

calendar

reload

初心者向けのテクニカル分析の解説記事の第8回目です。
今回の記事は「一目均衡表」です。

前回の記事を読む

未来の相場を予測  一目均衡表

一目均衡表とは?

「一目均衡表」(いちもくきんこうひょう)」は「ローソク足」と並んで人気の高いテクニカル指標。「一目山人」というペンネームを持つ株式評論家が開発した純国産のテクニカル分析です。
「相場の動きが一目瞭然(ひと目)でわかる」ことから「一目均衡表」と命名されました。
考え方のベースにあるのは、「相場における売買の均衡が崩れた方向に相場は動く」というもの。
一般的なテクニカル指標との大きな違いは、「値幅」「波」に加えて「時間」を重視している点。未来の領域にまで相場の動きを予測しているのは「一目均衡表」くらいしかありません。
複数のラインでチャートが形作られて難解に感じられるテクニカルですが、ポイントを押さえれば視覚的に捉えやすいものです。

一目均衡表の構成要素

「一目均衡表」は、「転換線」「基準線」「先行スパン1」「先行スパン2」「遅行スパン」の5つのラインと「雲」によって表示されます。
それぞれについて解説します。

○「転換線」
過去9本分(9日間)の「ローソク足」の高値と安値の中間値を結んだライン。
計算式:(過去9本分の「ローソク足」の上値+過去9本分の「ローソク足」の下値)÷2
※「短期(「ローソク足」9本分)の移動平均線の簡易版」のイメージ。

○「基準線」
過去26本分(26日間)の「ローソク足」の高値と安値の中間値を結んだライン。
計算式:(過去26本分の「ローソク足」の上値+過去26本分の「ローソク足」の下値)÷2
※「中期(「ローソク足」26本分)の移動平均線の簡易版」のイメージ。

○先行スパン1
「転換線」と「基準線」の中間値。
計算式:(「転換線」+「基準線」)÷2
※短期から中期で見た値動きの中間ライン(「「ローソク足」9本の高値と安値の中間値」と「26本の高値と高値の中間値」の中間値)。

○先行スパン2
過去52本分の「ローソク足」の上値と下値の中間値。
計算式:(過去52本分の「ローソク足」の上値+過去52本分の「ローソク足」の下値)÷2
※長期的視点で見た値動きの中間ライン。

○「雲」
先行スパン1と2に挟まれたゾーン。
2つの線で挟まれたゾーンが今後の値動きの判断材料にされます。
過去の値動きの中間値に挟まれたゾーンを未来方向に動かしたものになり、「過去に激しい売買が行われたゾーン」になります。

「一目均衡表のトレードにおける使い方

「一目均衡表」で注視する部分は、「転換線」「基準線」「雲」の3つです。
これらより売買サイン(シグナル)を読み取ります。

○トレンド
「雲」と「ローソク足」の位置関係からトレンドを見ることができます。
・「ローソク足」が「雲」より上位置にあれば上昇トレンド、下部にあれば下降トレンド。
・「ローソク足」が「雲」に突入した場合はトレンド転換の可能性(下から上に突き抜ければ上昇トレンドへの転換、上から下に突き抜ければ下降トレンドへの転換)。
・「雲」の厚さが、相場の転換への難しさに比例し、厚いほど相場の反転が難しいとされます(「抵抗帯・支持帯の強さ」ともなります)。

○「転換線」と「基準線」
中期トレンドの「基準線」と短期トレンドの「転換線」が交差することでトレンド転換を示します。
「転換線」が「基準線」を上に抜けると上昇トレンド発生、下に抜けると下落トレンド発生とされます。

○遅行スパン
当日の終値を26日前に遡り記録された遅行スパンの位置により相場の転換を見ます。
「遅行スパンが26日前の「ローソク足」を上回れば強気相場への転換」「遅行スパンが26日前の「ローソク足」を下抜けていれば弱気相場への転換」が示されます。
遅行スパンが「雲」にサポート(レジスタンス)されているようであれば「下値(上値)の堅さ」を表します。

一目均衡表の弱点

「一目均衡表」で判断がつかなくなる場合があります。
為替レートが「雲」や「転換線」、「基準線」を越えて激しく上昇・下降する場合(指標や大きなニュース等による相場の混乱)や値動きが停滞して動きがない場合は、「一目均衡表」では判断ができなくなります。
そのような場合、他のテクニカル指標を用いるか「様子見」がベターな選択になります。

iトレFXでの一目均衡表の活用法

iトレFXのチャートにも一目均衡表の表示機能が備わっています。
まずチャートを表示して、下記のテクニカル指標ボタンをタップして下さい。次に「一目均衡表」をタップします。

次回の予定

第9回は内容未定ですがテクニカル指標を引き続き具体的に解説していきます。
配信は1/15(月)を予定しています。
次回もお楽しみに!

次の記事を読む

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

folder FX

more...

folder Tips

more...

folder アップデート

more...

folder テクニカル分析

more...

folder メンテナンス

more...

folder ランキング

more...

folder 仮想通貨

more...

folder 初心者向け

more...

folder 告知

more...

folder 未分類

more...

folder 雑談

more...